営業1000万プレーヤーはコロナでも強い!

上野公園でお昼ごろになるとホームレス用配給サービスが行われるのですが、その光景が一風変わっていました。

配給を待つ長蛇の列にタクシードライバーも並んでいるのです。

このコロナの影響で収入は3分の1。手取りは10万円台になったドライバーもたくさんいるそうで。

年収1000万円をキープしているドライバーと出会い、根掘り葉掘り秘訣を聞いてきたのでシェアします。

営業1000万円プレーヤーのコツ:指名される

お得意様を見つけ、指名される。

目的地に着けばいいんだから、タクシーなんてどこも一緒と思われがちです。

そこで、いかに指名されるか、いかに差別化するかこればかりを考えていたそうです。

指名されるためのコツをご紹介します。

営業1000万円プレーヤーのコツ:仕組み化

せっかくオーダーをもらっても、そのときすでに別の仕事中だったらオーダーを断ってしまうことになります。

仕事を断ると、なかなか次回のチャンスは回ってこず、もったいない。

売れっ子になればなるほど、断ってしまうことが続いたので、手下を持つことにしたそうです。

もちろん手下は厳選します。

運転技術や接客、仕事に対する姿勢などをチェックし、パスしたものに仕事を回すことに。

すると、お客様は同程度のサービスを受けることができ、手下からもマージンをもらえます。

そんな組織を作ることで、自分が仕事中でも収入アップを達成したそうです。

営業1000万円プレーヤーのコツ:環境を整える

たまに臭いタクシーってありませんか?

食べ物臭だったり、芳香剤がキツかったり。

まずはそこに目を着けたそうです。

社内で食べたり飲んだりするとニオイが充満するので、食事はすべて外。

快適な環境を守るために、タバコも我慢したからすごい。

そして自腹で座り心地の良いシートに変えたり、社内で高速wifiを使えるようにしたり、ゆったり座れるように大きな車にグレードアップしたそうです。

タクシーの運賃は上げられませんが、社内を快適にすることでリピートにつながり、自己投資はあっという間に回収できたとのこと。

営業1000万円プレーヤーのコツ:新しいモノを試す

最近は配車アプリを使いこなせないと話にならないようで、還暦超えにも関わらず、アプリを駆使しているとか。

流しで客が捕まることはほぼなくなったので、アプリを使えないと死活問題になるそうです。

駅やホテルで乗せた客より、アプリで予約する客の方が遠距離利用の可能性が高く、客単価も上がるらしいです。

営業1000万円プレーヤーのコツ:24時間応答

いつオーダーをもらってもいいように、24時間365日待機状態にしておきます。

夜中でも早朝でも、いつ電話をもらっても必ず応対する。

なかなかできることではありません。

いつかけてもつながる状態が信用につながり、リピーターの獲得にも大きく貢献したそうです。

営業女
私も営業時代は呼ばれたらすぐ行くようにしていました。

さすがに24時間待機はハードル高いけど、フットワークを軽くしておくのは良い戦法だと思います。

厳しく、高齢化も進むタクシー業界。

全く稼げないタクシードライバーは

  • ドライバー同士でダベっている
  • 延々と寝ている
  • タバコ吸ってばかり
  • 社内が汚い

ホームレス用の配給にならんでいるドライバーは、こんな人達ばかりでした。

私が2時間近くランニングしている間中、ずっと寝ていたり、仲間と「最近は全然ダメだぁ〜」なんて笑い合ったり。

そんな彼らの車内は間違いなく不潔っぽかったです。

同じ時代の同じ業種でも、取り組み方によって全く違う結果に。

明日から、どう生きる?

まずは勉強

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です