広告代理店営業の仕事内容完全網羅

営業ダメ女
広告代理店って興味あるけど、どんなことするの?簡単に転職できる?

広告代理店で営業してきた私が、広告代理店の仕事内容をぶっちゃけます。
「売るモノがない」ので営業スキルを伸ばすには最適な業界です。

営業女
結論、いちばん大事なのは体力

広告代理店は3種類

一口に広告代理店と言っても、大まかに3種類に分別できます。

  • 自社媒体アリ(日本経済社・サイバーエージェントなど)
  • 自社媒体ナシ(電通・博報堂など)
  • ハウスエージェンシー(西鉄エージェンシーなど)

自社媒体アリ・・・日本経済新聞やアメブロ、自社でメディアを運営している企業。
電通や博報堂は、自社の媒体を持っていません。

ハウスエージェンシーは、特定の広告主のために作られた企業。
西鉄のために西鉄エージェンシー
トヨタのためにデルフィスなど。

求人情報を眺めるだけで勉強になります。

広告代理店営業の仕事内容

私が行っていた仕事内容は大まかに

  • イベントの企画
  • メディアの広告枠を紹介
  • クライアントの広報
    (メニュー・パンフレット・社内誌・パネル・看板・チラシなど販促物の作成)
  • ウェブサイトの作成

同じ仕事内容はほぼありません。

一日のスケジュールはこちら。

営業1日のスケジュール。日本はマジハードや・・・

広告代理店営業の特徴

売るモノがない

媒体があれば広告枠を売れるのですが、ない場合はアイディアを売るのが仕事です。
「このアイディアパックが〇〇円です」みたいなイメージ。

利益率が高い

アイディアを売るので、オリジナリティーがあればあるほど価格で判断されにくく、利益率が高いです。
利益率50%以上なんてのもザラ。

全ての業種がクライアント

病院・スポーツ施設・行政・美容整形・携帯会社・学校・エステ・交通機関・酒屋・飲食店など何でも。
唯一禁止されていた業種が、18禁系とパチンコ。
バックにとんでもない人がいるからだとか。

コンペが多い

「この予算内で、一番費用対効果が高い案を持ってきた代理店に注文する」って企業が多いので、この場合コンペになります。
確実に仕事がもらえるわけではないのですが、予算は大きいです。

広告代理店営業マンの特徴

おしゃれが独特

社長はエメラルドグリーンのスーツ。
編集長は女性で、メリケンサックみたいな指輪をしてました。
上司は巻物のようなペンケースを使い、先輩のYシャツはいつもピンク。

シラフでもノリが良い

接待が毎晩のようにあるので、シラフでも酒が入ってるようなテンションの高さ。
声がデカイ人も多い。

役者風

コンペでは身振り手振りを大げさに、役を演じる必要があります。
急にポエム風の人生訓を語りだす先輩もいました。

ミーハー

情報に疎いと代理店営業はできません。
新しい場所・モノはすぐに試す。
性別や年齢問わず、みんなミーハーです。

酒が強い

接待が派手で、ハシゴが続くので酒に弱くても強くなります。

広告代理店営業マンになるには

電通や博報堂などの大手に入るには、新卒か実績がないと難しいでしょう。
でも中小や地方の広告代理店だと慢性的に人不足なので、意外と簡単に入れます。
健康なカラダとやる気があれば大丈夫。

メジャーどころの転職サイトに登録して、求人情報を眺めてみてください。

今まで書いてきたとおり、広告代理店営業ってかなりタフです。
徹夜&休みなし&接待まみれ
結局一番必要なのは体力。

今日のらくらくノルマ達成術

  • まずは転職サイトで情報ゲット
にほんブログ村 経営ブログ 営業へ




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です