営業1日のスケジュール。日本はマジハードや・・・

日本の地方広告代理店時代と、海外の新聞社時代の
平均的な一日の営業スケジュールです。

日本の広告代理店時代

6:00
起床
家から駅までバイク
駅からは電車で会社へ
当時、奮発して最新のビッグスクーターに乗っていたので
会社に行きたくない気持ちを必死で
「これはツーリングだ」とごまかしていました。

7:20
勉強会という名の説法会

7:45
掃除
学校みたいに「窓係」や「黒板係」のように
担当が割り振られ、1ヶ月ごとに交代する

8:15
朝礼
毎日社員一人がスピーチを行う
その後、社長の話

8:30
課ごとの朝礼

9:00〜17:30
ホワイトボードに行き先を書いて外回り営業へ
途中で会社に戻ることは許されない
万が一、会社での作業が必要な場合は、上司に報告

スケジュール次第では、1日150社飛び込み営業を行う
飛び込み営業した会社名を報告せねばならず、
嘘はすぐ見破られる

17:30〜21:00
日報記入
報告
見積もり作成
デザイン部と打ち合わせ
企画室長と打ち合わせ
プレゼン用意 など

21:00〜23:00
21時に終われたら飲み会に参加。
でも2次会から。

24:00
電車で帰宅

25:00
就寝

外資系企業の1日 1年目

6:00
起床

6:15〜7:30
ジムで友人とエクササイズ

8:00〜8:50
カフェで朝食
その後、徒歩で会社へ

9:00〜16:00
外回り営業

朝礼なんてありません。
会社に必ず出社する必要もなく、
しばらく顔を見ない社員もいます。

ホワイトボードもないので
誰がどこにいるかも不明。
とにかく営業成績こそ全て。

営業には運転手が付きます。
行き先さえ告げれば、
車内では仕事をしたり読書したり寝たり。

飛び込み営業もありません。
事前にアポを取り、準備をした上で訪問します。

16:00〜19:00
広告原稿の確認
見積もり作成
デザイン作成
キャッチコピー作成

19:30〜22:00
クライアントと会食

23:00
就寝

外資系企業の1日 2年目以降

8:30
起床
運転手付きの車でホテルへ

9:00〜10:00
ホテルでビュッフェ

10:00〜10:30
メールと広告原稿チェック

11:00〜13:00
ホテルのジムでランニング20km
筋トレ

13:30〜15:30
ランチ&ティータイム

16:00〜18:30
見積もり作成
デザイン作成
キャッチコピー作成

18:30
運転手が会社に迎えに来る

19:00〜
帰宅
夫が作ってくれた夕食を一緒に食べる
映画鑑賞したり、
マンション内にあるジムに行ったり
海外旅行の予定を立てたり
語学のプライベートレッスンを受けたり。


これがとある日のスケジュールです。

日本の働き方って異常かも

今考えてみると、日本の広告代理店でよく働けていたなと思います。
奴隷のような働き方でした。
21時に帰れたらまだいい方で、会社に泊まっていた同僚もいます。

営業女
お付き合い残業やら、日本だけだと思います。
驚くべき社内規定があって、メールがメインパソコン1台のみでしか送れず、
メールを送るためだけに、パソコンの順番待ちがありました。
コピーの枚数も上限が決められていて、カラーコピーは申請式。
上限を超える場合は、申請書を提出しなければなりません。
クライアントに提出するプレゼン資料も
「コピー機が壊れまして・・・」と嘘をつき、
白黒印刷のものを提出していました。
惨めですね。

外資系企業は結果こそ全て

朝礼もないし日報もありません。
コアタイムが5時間だけ決められており、
その時間帯は連絡が取れるようにしておけば
基本的に何をしてもOKでした。

10日〜2週間くらいの有給が年に数回あり
いろんな島や国に行けます。
いつもはできない経験が仕事の糧になるので
旅行やバケーション大賛成という社風でした。

ただ、やはり最初の1年目は精神的にキツいです。
結果が全てなので、数字がないと存在自体が危ういです。
発する意見の重みもありません。
パーティーに参加したり、業界や営業のことを勉強して
(詳しくはこの記事を見てください)
数字に悩まされることがなくなったので
2年目以降の生活がある感じです。

自分で考えてどんどん行動できるなら
外資系企業は向いていると思います。

数字がないときの対応比較

【日本の広告代理店の場合】
延々と2時間怒鳴り飛ばされる。
いつの間にか、成績のことだけでなく、人格の否定も始まる。
精神的にキツイが、何も解決されない。HPがただ減るだけ。

【外資系の場合】

「じゃあどうする?どうやって数字上げる?」
「それはなぜ?根拠は?」
とことん理詰めされ、自分の意見で答えを求められる。
でもミーティングの最後は「じゃあ、頑張ろうね!」と
ハイタッチ&笑顔でシメる。

どっちが向いてるかは自分次第。

今日のらくらくノルマ達成術
  • 強制力が好きなら日本
  • 外資だと「頑張りました」は通じません

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です