アイディアがポンポン浮かぶ!すぐ行けるひらめき場所はココ!

営業ダメ女
あぁ〜煮詰まった・・・もう何も思い浮かばぬ

そんなあなたに。
アイディアがポンポン浮かぶ!
すぐ行けるひらめき場所を伝授します。

各頭文字を取って4Bと呼ばれています。

Bus(移動中)

釣り広告の過激なコピーを見ながら
何かパクれないかと考えてみます。
ちょっと周りの人の携帯をチラ見して、
みんなが携帯でどんなことをしてるのか
観察するのも時流をつかむには良い作戦。
私の調査だと、半数がSNS、半数が動画やゲーム。
あ〜今このゲームが流行ってるんだって丸分かりです。

Bed(布団の中)

リラックスした状態は
ひらめきが起こりやすいです。
寝ている間に記憶が定着されるので
寝る前の暗記モノもおすすめ。
バリバリ稼いでいる人は
ベッドの横にメモ帳セットを置いていると言っていました。
夢で見たことが仕事になったこともあるとか。

Bathroom(お風呂)

お風呂にゆったり入って考え事をすると
脳がリラックスしてとんでもないアイディアが
思いつくことがあります。
ここでもメモの準備をお忘れなく。

Bar(お酒を飲む場所)

ほろ酔い気分だとシラフでは考えもつかない
アイディアがひらめくことも。
飲みの席で出た話題を実行することも大事。

俺はあの本読んで人生変わったんだ。お前も読んでみろよ〜
翌日
営業女
確かにあの本には感銘を受けました
え?!読んでみたの?よく覚えてたね!
で、仕事もらいました。

不真面目読書のススメ
本は最初から最後まできっちり読まなくてOK。
「はじめに」「終わりに」「目次」にざっと目を通す。
これだけで半分くらい内容をつかめます。
著者が一番気合いを入れて書いているのがこの部分だから。
あとは各章にまとめがある場合は、まとめを中心に飛ばし読み。
最近は大事な部分が太文字や赤文字になっている本も多いので、
より速読が楽です。
パラパラページを飛ばして読んでも、
自分に必要な情報なら勝手に目に飛び込んできます。
ちょっと広告考えてみようかな〜。なんてね。ゲヘゲヘ。
翌日
営業女
昨日そうおっしゃっていたので、早速お見積もりをお持ちしました
やられたわ・・・男に二言はない!
ってなバージョンもあります。

飲みの席の言動はメモの価値大アリ。
ここぞとばかりに言質を取りましょう。

そしてソッコー実行することがいつも大事。

広告代理店時代の具体的なアイディアの出し方

広告代理店と言ってもクライアントは中小企業が多く
予算もなくて、なかなか大掛かりなことはできません。

これでは売上ノルマを達成できない・・・

そこで、相手が面倒臭くてイヤイヤしていることを
代わりに引き受けていました。

・カタログの作成
・商品番号の確認
・機関紙の発行
・イベントの手配
・インタビュー代行…など。

相手の一日のスケジュールを聞いて、
詳細に行動をイメージしてみます。

「年末商戦としてカタログ作成に追われているな」とか
「毎月の機関紙に意外と手が掛かっている」とか
「イベントに人手が足りていない」とか。

代行ビジネスって元手がそんなにかからないので
地味だけど根強いです。

最近ビックリしたのが、あるキャンペーンに応募するための
応募券を売るビジネス。
ヨーグルトやら牛乳やら対象商品を買って、
商品に付いているポイントを集めて応募するスタイルの
よくあるキャンペーンです。
当選してもらえる賞品はアロマポットとか
小さな加湿器とかに対して、
応募券は3,000円で売っているわけです。

下手したら普通に買った方が安そうだけど
「当たるかもしれない」っていう高揚感が
ビジネスの秘訣らしい。

「対象商品を買うのも、応募券を切り取るのも面倒臭い。
でもキャンペーンに応募はしたい。」
と言うわがままな声に応えたビジネスです。

マカオの大富豪が閃いたボロ儲けアイディア

マカオに住んで大富豪と働いていたときは、
HSBC口座の作成も行なっていました。

もちろん香港にあるHSBCの窓口に行けば、
誰でも簡単に銀行口座を作れます。
マカオから香港は船で1時間くらいで、
渡航費用も3千円ほどです。

でも日本在住だと香港に行くのがそもそも簡単ではないし、
しかも窓口とのやり取りが英語でハードルが高い。

なのでこの口座作成代行ビジネスが成り立つわけです。

自分が得意なこと、簡単にできることを
見つけて仕事にするとこんな簡単に儲けられます。

本来タダでできることを、手数料数十万円で行なっていました。
はっきり言ってボロ儲け。

このアイディアも、酔っ払ったクライアントからの
「社長(マカオの富豪のこと)はいいよな〜。
今アツイHSBCの口座を簡単に作ることが出来て。
俺も作りたいよ。教えてよ。ヒック」
ってグチから思いついたそうです。

お客様の声から不満点を探し出す

家電量販店で働いていた友達は、ipadを購入する高齢者に
「離れたお孫さんとタダでテレビ電話できるようにしますよ!」
と売り込み、結果、それが大当たり。
なんのことはない、ただスカイプをダウンロードするだけです。
出張してスカイプの設定をしてあげたり、
便利なアプリをインストールするだけで、1回2万円。
高齢者の生の声を聞いて成功したビジネスです。

アイディアは身近なところにザクザク埋まっています。

今日のらくらくノルマ達成術
  • 煮詰まったら4Bへ
  • 面倒だと感じることは金になる
  • 代行ビジネスを始めるつもりで、クライアントの1日をイメージする

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です