「営業アポが取れない・・・」に今度こそサヨナラする3つの秘訣!

営業ダメ女
いくらテレアポしても担当者につながらんで。万が一つながっても、商談まで持っていけんし。そもそもどうやってテレアポする会社見つければいいのよ。

そんなお悩みとは今日でおさらば。

アポがザクザク取れる秘訣を伝授していきます。

いくらテレアポしても担当者につながらないなら

どうしたらアポが取れるか?よりなぜアポが取れないか?を考えます。

できていないことを考えるより、
できていることを分析する方が、事例がたくさんあって簡単です。

そして原因をひとつひとつつぶしていきます。

だいたいの原因が

・話し方
・提案内容に魅力がない
・相手が本当に忙しい(面倒くさい)

のどれかだと思います。

話し方が問題の場合、解決は簡単

一番簡単に改善できます。

・テレアポ感丸出しのバカ丁寧な話し方
・暗すぎる or 早口すぎる
・おどおどしててアポを取りたいと言うゴールが伝わらない

これを全部やめること。

詳しくは「アポが取れまくる営業電話のコツ」
にまとめいているのでそちらをご参考に。

私も昔、
「お忙しいところ大変失礼いたします。
今お時間よろしいでしょうか?(←総合窓口に電話してるのに!)
私、ナントカ会社の者でして、現在広告に関するご提案をさせていただきたく
お電話致しております」
なんて、断られるテンプレートのようなテレアポをしていました。

提案内容に魅力がない場合も、解決は簡単

実はあなたが提案に魅力を感じていないなら、絶対に売れません。
人は、心の底から100%自信を持ってお勧めできるものしか売れないからです。

自信を持って提案しても売れない場合は、縁がなかったということ。

見込み客は世の中の3%以下だと言われています。
これは飛び込み営業の場合で、チラシだと0,3%以下だそうです。

さっさと次の企業に電話しましょう。

相手が本当に忙しい(面倒くさい)場合

方法は2つ。

・「本当に1分だけお時間いただけませんか?1分で絶対帰ります。」

実際1分で帰ることはないのですが、この熱意にやられてくれます。

・夜8時以降に突撃する(賭けだけど)

私はよくこの突撃作戦をやっていました。
忙しい人だとだいたい夜8時以降も会社にいます。

8時頃ってたいがい相手も疲れているので
「え?!来たの?じゃあちょっと話す?」って流れで
息抜きついでに話を聞いてもらえました。

非日常感もあるので、一気に距離が縮まる気がします。

細分化して断られる原因をつぶしてください。

営業女
なぜアポが取れないのか?を考えて分析せよ

担当者につながっても、商談まで持っていけない

電話ではアポを取ることだけに専念してみてください。

電話でいろいろ伝えようとしても、全てを伝えるのは難しくほとんど伝わりません。
その場で判断されてしまって、会うきっかけさえなくなる可能性があります。

とにかく相手に会うことにフォーカスしてください。

そのときはざっくりとした2択を用意するのがベスト。

「来週水曜日か木曜日の午後はいかがでしょうか?」のように
ざっくりした時間枠を提案します。

選択肢を「断る or 断らない」から
「水曜日午後 or 木曜日午後」にズラします

2択を出されたら人はどちらかを選んでしまう習性を利用します。

「今週末、ご飯行かない?」より
「今週末、イタリアンとフレンチどっち行く?」の方が
デートできる確率上がりますよ。

営業女
電話で商品の説明をしない。
時間の2択で、とにかく会うことに全力を注ぐ。

そもそもどうやってテレアポする会社見つければいいの

営業女
同じ業界を攻めて見るのも手

同業界ばかりに絞っていると、
その業界の動向や課題が徐々に掴めるようになってきます。
また、ライバル意識も働くので引き合いに出しやすく、
「あそこが導入してるならうちも!」となりやすいです。

個人的にオススメの業界

・美容整形
・宗教
・役所系
・富裕層をターゲットにしているマーケット
はいつでも景気がいいです。

売上が厳しいときは、
いつも上で挙げた業界に営業していました。

美容整形の関係者に聞いた話、
不景気だと逆に景気が良くなるらしいです。

「仕事がない」
「こんな給料安い仕事辞めたい」

「ハイスペックな男性と結婚すればいいんだ!」

「そのために整形しよう」

と言う流れなんだとか。

同じ流れで不景気なほど、女性のスカートは短くなり
上半身の露出も増えるとアパレルの知人も教えてくれました。

お水や風俗などの夜系もオススメしたいのですが
・回収がやっかいなこと
・「風俗の仕事をしたあの会社」と言うレッテルが貼られる
ので、攻める場合はご覚悟を。

もちろん会社によっては、美容業界なんて縁がないとか
宗教なんてとんでもないとかで、攻めるべき業界は異なるでしょう。

そんなときはこちらの記事を参考にしてみてください。

新規営業アポがらくらく取れる、たった一つの超効率的な方法

知ってるのと知らないのとでは大違い。

営業アポ取りのまとめ

私の経験からも、100件飛び込み営業して
3件見込み客になるかなといった感じです。
受注ではなく、ただの見込み客で3件です。

アポ取りが営業の流れの中で一番つらいです。
これが楽しいなんて人は、相当のドMだけ。

「今日は誰に会えるかな〜♪」くらいの
気楽な気持ちでいってらっしゃい。

今日のらくらくノルマ達成術
  • なぜアポが取れないのか分析する
  • 電話では、時間枠の2択提示のみ
  • 同業界の一気攻めをしてみる

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です