貧乏ならメール営業をすればいいじゃない【メール力超強化!】

最近ガラリと営業スタイルが変わりました。

直接の商談が難しく、メール力がますます大事になっています。

私は海外営業時代に、日本企業からの契約もバシバシ獲っていました。

なぜならメール営業力があったから。

今回はメールで営業するときのコツを伝授します。

こちらもごらんくだされば最強。

メール営業のコツ:文春のようなタイトルは避ける

「大至急」
「要返信」
「お急ぎ」
「重要」

など、あおるようなタイトルはアウト。

開封されたとしても、いい印象は持たれません。

「ご案内」
「お知らせ」

も売り込み臭がプンプンするので、ゴミ箱行きになる可能性大。

「件名なし」
「お疲れ様です」

も開くまで、内容が分からず不親切です。
最近はこんなタイトルの迷惑メールも増えたので、受信さえされないかもしれません。

「田中様へ」より
「田中さんへ」の方が返信くることが多いです。

〇〇様にするとダイレクトメール的な感じがしますが、〇〇さんにすると、より個人的な感じがします。

メール営業のコツ:特別感の演出

記念日は絶好のメール送信デー

相手の誕生日はもちろん、創業者なら会社の設立記念日、周年記念日など、何かしらの記念日はメールを送るのにうってつけの日です。

年収1,000万の保険営業マンは、奥様の誕生日にまでメールを送っていました。

名前を入れる

名字はもちろん、下の名前まで入れていました。

名字は使い慣れているけど、仕事場で名前はあまり使わないので印象に残ります。

メール営業のコツ:アクションをハッキリさせる

何を伝えたいメールなのかを明確にさせます。

新商品のお知らせなのか、アポのお願いなのか、スケジュール調整なのか。

末尾に「よろしくお願いします。」って書かれてあっても「何を?」ってツッコミが入りそうなメールはNG。

「ご都合の良い時間帯をお知らせください。」

「サンプルをお送りしましたので、ご感想お聞かせください」

など、より具体的に書くことが大事です。

そして、一通の中で伝えたいメッセージはひとつにしぼること。

長文メールはスパムです。

当たり前過ぎで読み飛ばしてもいいメール営業のコツ

送信時間を守る

メールだからって何時に送ってもいいわけではありません。

最近はスマホで見る人も増えてきて、夜中に送ったメールで通知が入ってしまうことも。

メールも営業時間内で。

何通も送りつけない

相手から反応がなくて当たり前。

返信を期待せず、という姿勢が重要。

返事がないからといって、何通も送りつけるのはマナー違反です。

一斉送信しない

BCCに入れて、メール爆弾なんてもってのほか。

コピペしたメールはバレるし、誰にも読まれません。

あなただけに書いたことが伝わる内容にすることが大事。

例えば、業界のニュースを一文入れてみるとか、共通の話題や知人を出してみるとか。

誰も教えてくれない営業メールのコツ

海外にまで持っていった本

メールはもちろん、対面やウェブ会議でも使えます。

読んでないと明らかに損する一冊。

目からウロコが何枚落ちたことか。

AmazonのAudibleならタダです。

今日のらくらくノルマ達成術

  • 時間がある今、文章力を磨く
にほんブログ村 経営ブログ 営業へ




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です