営業トークコツ3選【電話でもウェブ会議でも】

コロナでなかなか直接会いにくくなった昨今。

電話やウェブ会議で使える、鉄板フレーズをご用意しました。

知っているのと知らないのでは大違い。

プライベートでもフル活用できます。

この3つを口ぐせにどうぞ。

営業トークコツ1:もし仮に

これほど破壊力抜群なワードはありません。

もし仮に」という前置きで始めることによって、都合の良い空間に相手を連れて行くことができます。

もし仮にご購入いただいた場合、問題になるのはどんなことでしょう。

購入を前提に話を展開し、購入後の話題をするのがポイント。

もし仮に商談させていただけるなら、どなたを訪ねればよろしいでしょう。

アポを取ることを前提にして、担当者まで聞き出せます。

もちろんプライベートでも使えます。

もし仮に僕と結婚したら、どんな生活を送りたい?
私、料理が得意なの。もし仮に私と付き合ったら、毎日どんな料理が食べたい?

ネットワークビジネスの達人もよく「もし仮に」を使うそうです。

もし仮に時間もお金も自由に使えるとしたら、どんな人生にしたいですか?

聞かれた相手は夢見心地になって、お金も時間も手に入れた生活を想像します。

そこで「僕と一緒にその人生を手に入れましょう!」と言えばイチコロだとか。

もし仮には相手がイエスであると仮定し、ドンドン具体的な話を展開していける話法です。

推定承諾話法とも言われ、クロージングのスイッチとしても使えます。

商品を購入することを前提に、様々な条件の確認作業を行えます。

  • もし仮に購入いただけるとして、どなたの決済が必要でしょうか。
  • もし仮に購入いただけるとして、予算感はどのくらいでしょうか。
  • もし仮に購入いただけるとして、納期はいつ頃を考えていらっしゃいますか。

もし仮に・・・という前置きでジャンジャン進めてみてください。

営業トークコツ2:5分ください


5分ください」でアポが取れたらは、30分の了解と同じです。

今までの営業経験で、5分がほんとに5分で終わることって99%ありませんでした。

挨拶して、いいときはお茶出してもらって、説明をはじめたら30分はあっという間だし、それで文句を言われたこともありません。

堂々と5分ください!を使ってみてください。

たった5分だと断りにくくなるので、アポ率急上昇です。

「5分いただけますか?」でもいいのですが、「本当に忙しくて」と断られる場合もあります。

「5分ください!」と勢いよく言い切るのがポイントです。

相手も迫力に圧されて、OKしてくれます。

デートに誘いたい相手に、「5分だけ顔見れない?」

買い物の途中で、「5分だけ本屋寄っていい?」

「先っちょだけ」と同じ使用方法ですね。

営業トークコツ3:ぶっちゃけどうですか


正直なところ、教えてもらえませんか?」

オフレコにしますので、実際どう思っていますか?」

「会社は関係なく、個人の意見としていかがですか?」

など、相手から本音を引き出したいときに使えるパワーワードです。

プレゼンが終わったあと、雑談中、帰る直前など、相手が気を抜いているときに言うのがポイント。

ふと本音が出ます。

「俺は導入したいんだけど、部長がね〜」

「実は、他社の見積もり待ちなんです」

「最近辞める人が多くて、手が回らなくて・・・」

などなど情報もざくざく出てきます。

気になる相手に、「ぶっちゃけ、俺のことどう思ってる?」

悩み事がありそうな友人に、「ぶっちゃけ、最近どう?」

断りたい飲み会に、「ぶっちゃけ、今金ない。」

今日のらくらくノルマ達成術

  • もし仮に
  • 5分だけ
  • ぶっちゃけ
にほんブログ村 経営ブログ 営業へ




私の人生変えた動画
ヤバい無料プレゼント

最速で1億円に到達する道筋を20時間。累計参加者4,000名突破、参加者満足度95%の次世代起業家育成セミナーシリーズ。合計定価11万円以上が、今だけ無料って・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です